老後のために投資を始めよう 資産を作ろう

定年後、年金満額受給でも、2,000万円の蓄えが必要になるという。

 

そんなショッキングな情報が2019年5月末に、金融庁の年金審議会の答申で明らかになりました。

 

超高齢化社会に突入した日本では、国民から集める掛け金では十分な年金が支給できず、毎月数万円が不足すると言います。

 

ましてや年金を掛けていない方や、十分な掛け年数に達していない方なら、2,000万円では到底足りないでしょう。

 

となると、老後も月々の収入を、何とか確保しないといけません。

 

でもどうやれば?


 

歳をとると、ハードな肉体労働はできない

五十代後半からは、身体がドンドン壊れていきます。

 

歯はドンドン折れていきますし、膝や腰は故障したらそう簡単には治りません。

 

治るどころか、さらに使い物にならなくなっていきます。

 

なので肉体労働で稼ぐにも、限界があります。

 

若い頃は週6日でも働けたのに、歳をとると週4日でも疲労が蓄積します。

 

軽作業でも、立ち仕事を5時間以上続けたら、週3日くらいしか働けません。

 

そもそも「シニア歓迎」と書いてある求人広告も、せいぜい60歳くらいまでで、70歳まで雇ってもらえたら御の字です。

 

ではどうするか。

 

そうだ、お金に働いてもらおう。

 

ということで、このサイトでは、老後のための資産形成・株式投資について紹介します。