株の売り時買い時

株の売り時は、難しい。

 

利益確定にしても、損切りにしても、自分が満足して株を売れることは、なかなか少ない。

 

まず利益確定したあとに、さらに上がると悔しい。

 

利益確定して満足していたのに、それが逆に不満に変わる。

 

一方、騰がると思って含み損に耐えていたら、ドーンと下がって大損するのも痛い。

 

株を売ったあとに上がっても、手元に利益は残るわけだが、損すると投資資金が減るので痛い。

 

なので株の売り方は、自分なりのルールを作って、それに従って売るしかない

 

自分のルールに従って売ったのだから、売ったあとのことは、傍観するのが一番良い。

 

もちろんそれで悔しいのであれば、自分が満足できるようなルールに修正すれば良い。


 

自分なりの売買ルールを確立する

 

株を売るという事は、売ったあとの利益を諦めることでもあるし、売ったあとの損を回避することでもある。

 

なので、自分なりに納得できるようなルールを作っておかないと、売ったあとに必ず後悔する。

 

「自分で決めたルールで売ったのだから、仕方が無い」と、割り切るしかない。

 

株を売ったら、その後、上昇が始まった日足チャートの例

例えばこのような日足チャートで考えてみる。
株を売ったら、その後、上昇が始まったパターンの日足チャートの例
買ったのは真ん中あたりのところで、2〜3週間キープしていたとする。

 

最安値のところで買えたとしても、一週間上がっては翌週また下がって買値付近まで戻ってくる。

 

これを何回か繰り返し、一ヶ月後くらいに一段階上に上がったと思ったら、また大きな売りが出て元の木阿弥。

 

こういう場合、どこで売れば良いのか分からず、手放さざるを得ない。

 

でもそうして手放した後に、株価が急に上がりだしていたりする。

 

こういう場合はもう、20日移動平均線より株価が上にあれば、キープするという風に決めておくしかない。

 

移動平均線が上向いておれば、株価の下値が切り上がっているわけだから、持ち続ける「口実」はある。

 

株を売らずにスルーしたら、損した日足チャートの例

逆に、自己ルールで決めた売り時をスルーして大損したらミスだ。
株を売らずにスルーしたら、株価が下がって損してしまった日足チャートの例
この日足チャートの中頃で株を掴んだとして、20日移動平均線を割るまで持ち続けることにしていたのに、ついつい売るのを先延ばしにしていたら大きく下落して、数週間前の株価まで落ちてしまった。

 

何週間もキープしていた含み益が、たった2日で消え失せた。

 

そして「何やってたんだろう」「この数週間の忍耐は何だったんだろう」と、後悔することになる。

 

株価が高値圏に来ると、上ヒゲや下ヒゲが大きくなったり、様々な変化があるが、そうなると手仕舞う等というルールも必要かもしれないな。

広告

このエントリーをはてなブックマークに追加